27歳の真正包茎がキトー君をリアルに使ってみる!

キトー君は本当に安いのか?|包茎手術と比較

包茎で悩んでいる男子なら一度は見たことがあるだろう包茎矯正のキトー君。

価格は税込12,800円で、お小遣いやバイトでやりくりしている中高生にとってはかなり高い価格に感じてしまいます。(大人の私でもポンと出せる金額ではありません。)

しかし、実はキトー君の価格設定はかなり激安な価格なんです。

包茎の治療方法としてキトー君のような矯正器具を使う方法と、一般的な包茎手術で治療する方法がありますが、一般的な包茎手術は10万〜15万程度かかります。

中高生が包茎手術を受けるとなると親に相談するしかなく、自分だけの力で内緒で手術を受けることはまず無理です。

それに対してキトー君は税込12,800円という価格で、誰にも相談や見せることなく自分で剥くことができます。

さらに、万が一キトー君を買って使っても変化がなかった場合、返金制度を利用することもできるので安心です。

返金制度があるから、中高生でも大切なお金を無駄にすることがありません!

また、キトー君の購入者のうち、実際に返金制度を利用するのは0.1%程度で、およそ99%の人が成功しています。

キトー君は高い成功率と返金制度があるので、「買っても無駄になるかも…」という心配は一切要りません。

キトー君販売ページはこちら

キトー君は分割払いでも買える!

中学生や高校生だと、12,800円を一括で買うのは厳しいですよね。

でも、キトー君は5000円×3回の分割払いで買うことがきます!

分割だと少し高くなってしまいますが、1ヶ月あたりの負担額が5000円なので、毎月のお小遣いやバイト代で賄うこともできますよね。

分割の場合、支払い方法は銀行振込のみ対応で、毎月指定された口座に振り込みます。

銀行口座を持っていない人でも、コンビニなどのATMから振り込むことが可能です。

また、自分の口座に振込履歴を残したくない場合も、ATMから直接指定口座に振り込む方法が有効です。

キトー君の販売ページに詳しい振込方法も記載されています。

銀行振込方法を見る

キトー君を実際に使ってみた結果

実は、私も実際にキトー君を使用しています。

今はまだ使用している最中なので、結果が出たら成果や感想など詳しく報告したいと思いますのでお楽しみに!

キトー君の使い方を解説

キトー君は使い方が簡単なので、中学生でも高校生でも難なく使用することができます。

1.キトー君を挿入する

キトー君の先端を皮の内側に挿入します。
皮がキトー君の先端にうまく引っかからない場合は、皮をつまんで引っ張りながら行なってください。

2.皮を広げる

グリップを握ってゆっくりと穴を広げていきます。
広げすぎると痛みが出てくるので、限界の8割程度まで穴を広げていきます。

3.ストッパーで固定する

ストッパーで固定して30分間穴を広げた状態をキープします。
使用中に動いたりするとキトー君が外れてしまうので、座ったままで動かないようにします。

4.ストッパーを外す

30分が経過したらストッパーを外してキトー君を穴から抜きます。
ストッパーを外すとバネで勢いよくキトー君が閉じて敏感な部分を挟んでしまうことがあるので、グリップを握った状態でストッパーを外してください。

使い方はたったの4ステップ!
キトー君は使い始める年齢が早いほど剥けやすいので、中学生・高校生のうちにチャレンジしてみてね!

キトー君を詳しく見る

高校生や中学生が家族に内緒でキトー君を買う方法

ほとんどの中学生や高校生は家族と一緒に暮らしていて、通販で買い物をすると荷物が届いた時点でバレてしまいます。

しかし、キトー君は家族に一切バレることなく買うことができます!

なぜバレないかというと、発送方法で「郵便局留め」を選ぶことができるからです。

郵便局留めとは

郵便局留めは、近くの郵便局に荷物が届いたら、自分で郵便局に取りに行く配送方法です。
家に荷物が届くことも電話がくることもないので、同居人に一切バレることなく商品を受け取ることができます。

また、配送方法で郵便局留めを選択すると、郵便局で荷物を受け取るときに支払いを行うので、銀行振込やカード払いをする必要もありません。

荷物の伝票の商品名は「工具」、依頼主は「個人名」で記載され中身が一切わからない状態で届くので、郵便局の人にバレることもありません。

郵便局留めの注文から受け取りの流れは、キトー君の販売ページに詳しく記載されています。

郵便局留めの流れを見る

キトー君の口コミや評判まとめ

キトー君は世界30カ国以上で販売されており、発売開始から18年の実績もあります。

さらに、利用者の99%の人が成功して、多くの人は使用開始から2週間程度で完了します。

某掲示板やSNS、テレビなどでも取り上げられており、多くの人の真性包茎の悩みを解説に導いています。

口コミでは「最初は半信半疑だったが、返金制度もあるからと買って使ってみたら意外とあっさりむけた」という人が多いです。

失敗した人は

中にはキトー君を使ってもむけなかった人もいます。
そのほとんど人が、キトー君が穴に入らなかったという理由です。
キトー君は完全に閉じた状態で8mmあるので、穴が最初から8mm以下の人は使用するのが難しいです。

キトー君販売ページはこちら

キトー君の種類|おすすめはどれ?

キトー君には種類があり、「キトー君ST」と「キトー君DX」の2種類が販売されています。

2つの違いはストッパーが付いているかいないかという点と販売価格です。

キトー君の使い方として、広げた状態を30分間キープしないといけないので、おすすめはストッパーが付いているキトー君DX(写真左)です。

ストッパーがついていないキトー君ST(写真右)を使う場合、グリップを握った状態で30分間キープしないといけないので手がかなり疲れます。

また、一定の力を30分間キープするのは難しく、力を入れすぎると痛みがあったりするので、キトー君STはあまりおすすめできません。

価格はキトー君STが9,800円で、キトー君DXが12,800円ですが、ここはケチらずキトー君DXにしましょう!

キトー君DXを詳しく見る